大宇宙で会いましょう

俺がいない時にこの日記を読まないでくれ Kurt Cobain
ユータの日記はいつでもご自由にどうぞ Yuta

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

2012.02.21 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2012.02.21 Tuesday

ドラゴン・タトゥーの女の公開日は俺の誕生日



観てきた。
ちょっと予想外にやられているので感想書いとく。

本筋のネタバレは書きませんけど、
設定には少し触れたりするかもなので未見の方は読まないほうが良いかも。

まぁ、「やられた」「やられている」っていう感じです。
というのも、最高傑作!なんて類の話じゃなくて、そういう映画ってあるよね。
良くも悪くも引きずるっていうか。

たぶん、ゾディアックを観たあたりから
自分はデヴィッド・フィンチャーの映画が好きなんだなって意識し始めたんだけど
ベンジャミン・バトンで肩すかしをくらって、ソーシャルネットワークで若干引き戻して
ドラゴン・タトゥーの女で、これだよ。やっぱり、フィンチャーはサスペンスだよ!って感じです。

一貫して揺るがないのが、細かい道具の設定。湿った映像美。そして、ここぞの選曲。
今作でも、opのツェッペリンだけかなと思ったら、このシーンでこの選曲かw
っていう個人的なサプライズがあって、ニヤニヤしちまった。

憎いんですよ。
写真の配置においても、ダニエル・クレイグの眼鏡も、白で統一されたコテージ内も。
あげくの果てには、猫の毛の色さえ計算されてんじゃないかって思うほど緻密でシャレてる。
原作の設定は調べてないけどね。

そういうところに注目して観てると、この監督は本当にアーティストなんだなと思わざるをえない。
面白い映画を撮る監督はたくさんいるけど、やっぱりフィンチャーは異色だなと。

そして、最大の魅力は何と言っても、リスベットというヒロインの存在。
強くて、スタイリッシュで、メンヘラで、頭が良くて、美人で。
ミカエルに心を開いていく様が何とも愛おしいんだよなぁ。
綾波レイ以来ですよ、こんな気持ちになったのは。



中盤、怪我をしたミカエルとおもむろにセックスを始めるシーンがあるんだけど、
あそこが少し引っかかってる。

ミカエルに仕事を降りさせないための、餌的なセックスだったのか
怯えたミカエルに対して安心を与えるための母性のセックスなのか。
はたまた?単純にこのあたりからミカエルに惹かれてたのか。
ここは原作読めば書いてありそうなんだけど・・、まぁいっか。

そんなこんなでね、観客は恋をしてしまうんですよ。リスベットに。
たぶん、男の人も女の人も。

だから、ラストが近づくにつれて、あぁ見たくない。絶対ああなりそうだから見たくない!
って思いながらも、やっぱりそうなっちゃうんだよなーで、なかなか切なかったよ。
2人目の綾波が死んで、3人目になったあの感じだよ。

でも、観終わった後に三部作って気づいて嬉しくなっちゃった。
全部が映画化ってのは未定みたいだけど、今から続きが楽しみです。
まとめると、Macが欲しくなる。ってことですよ。


2010.01.15 Friday

偉大すぎる人

怒ってないよ 愛なんだ L・O・V・E

思い立ったが吉日。
今年は見たいものは積極的に観に行くぜ俺。
レイトショーで「THIS IS IT」。
座席決めるときに、
「真ん中なら、LかMあたりいかがですか?」と聞かれ、
「じゃ、マイケルのMにしますか?」と言って、スタッフの女の子が笑ってくれたところで今日は満足。
という冗談はさておき入場。

ファンなわけじゃないから、途中で飽きたらどうしよ・・とか思ったんだけど心配無用でした。
えらい良かった。
えっっっらい良かった。
すげーよ、この人。偉大すぎる。

帰りにマイケルバッジを買おうと思ってたら、売店が閉まってた。
うん。0時だもんな。当然だ。
会社の連中に買ってきたMUSEバッジが不評だったときのことを考えて保険にしようと思ったのに。
ってか、値段のわりに出来が良かったから。
けっこう欲しかったなぁ・・


今年は、映画を(劇場で)30本観ることに決めました。
あと、27本。


2010.01.08 Friday

MAN MaN MAN!

うほ!いい男

昨日は、風邪ひいてるところゴリ押しで映画観に行ってきました。
前から楽しみにしてたパブリック・エネミーズでござぁい。
初回上映が19時って。
どれだけ大人を待たせるんだ、と。まぁたしかに昼間観に来る人は少ないだろうけどさ。
起きて体調がイマイチなのは明白だったんだけど、メンズデーは逃すまいとスーパー防寒で強行。

おもしろかったよ。かっこよかったしな。
ってか、銃声がスごかった。友達が「マン映画は銃声だ」って言ってたのを思い出して、注意して聞いてたんだけど、すごい音。
リアル。って言っても本物の音は聞いたことないんだけどさ。
ズンッ!て、身体の芯に響く音だよ。
んで、銃撃シーンって大概うるさいだけなんだけど、不思議と観てられるカッコ良さ。さすが。

音楽もそうなんだけどさ、強盗するところとか、ちょっとロックスターっぽいのな。狙って撮ってますね。
ま、現実にそういう存在だったのかもしれないよね。ジョン・デリンジャーって。
中盤の移送されてるとこなんかまさにだよ。ニヤニヤしてさ。超かっこよかったよ。
ビリーとの繋がりはもう少し観たかったけど。けど、泣けた。泣いたよ俺ぁ。
「眠りたくないわ。時間が惜しいもの」
そんなこと言われてみたいよ。

ジョニー・デップって、悲しい眼がすごい上手ね。
なんだろね、普段から愁いのある瞳してっからなぁ。

にしても、デリンジャーのような「破滅していく男」の話が男は大好物です。
他のお客さん、みんな男でした。しかも、ご年輩の方多し。
あ、一組だけカップルがいたな。
ふふ、セレクトをミスったね彼氏ぃ。と、ヴァターシってば、余計なお世話。
フツーに「映画観に行こうよー」って、女の子と行く作品ではないわな。
素直に2012吹替え版に行けば良かったのに。


2009.11.13 Friday

れびゅ

せっかくの休みだったので、
立て続けに3本。

まず、「鈍獣」。
後輩と話したのだけど、これは舞台だからこそ良さが味わえる作品なのかなと思う。
不思議なもので、非日常を表す手段として、映画<演劇の構図がハマるときがある。
何が起きても許してもらえる現場熱みたいな。それこそ、日常の中の非日常空間。勢いがありゃ何とかできる。
なんだろうな。映像で背景が出ると、曖昧さが見え隠れする気がしたんだよね。どうしても集中力が途切れる。
後輩に「舞台版観た?」と聞きつつ、自分も舞台のDVD持ってた気がするので、そのうち観ます。
とりあえず、真木よう子テラかわゆす。

そして、「重力ピエロ」。(バレなし)
伊坂作品の中でもトップレベルの人気を誇る話です。なので、あまり期待せずに観た。
全体の雰囲気と音楽がなかなか良く出来てて、原作のイメージがあまり壊されてない感じ。
ひとつ疑問は、ラストをなぜあの場所にしたのかなぁと。まぁ、決着とかの意味でのこだわりなんだろうけど。
物語の主軸となる伊坂トリックも、もう少し隠して作れなかったかなぁって、ちょっと残念。
なんだかんだ一番良かったところは、父役の小日向さんだと思います。すごい上手かった。
とりあえず、まさきテライケメン。

で、「慰めの報酬」。
出たのは少し前だけど、あまり評判良くなかったんだよね?
CRがおもしろかったのは覚えてるんだけど、肝心のストーリー全然覚えてなくて、はじめついていけなかった。
評判が良くなかった原因は話に何のひねりもなかったからなのかな。
けど、アクションシーンは相変わらず格好良かったよ。ヒロインも美人だしな。うらやましいぜボンド。
007シリーズのファンってわけじゃないから、昔のシリーズ作品とかほとんど観てないんだけど、
ダニエル・クレイグのボンドってすごく合ってる気がする。

どれどれ。仕事だ。
その前に歯医者だ。


2009.11.03 Tuesday

寒いと何となく悲しくなるのは、やっぱり寒いから

今日もそうなんだけど、昨日は異常に寒かったね。
冬用の寝具を何も出してない僕の部屋は、まさにツンドラ。凍死するかと思った!・・わけない!



スラムドッグ$ミリオネアを観ました。なかなかおもしろかった。
やっぱアカデミーにハズレねえなって思ったんだけど、だけど、だけど、
これがアカデミーなの?とも思った。
話もうまくまとまってるし、まとまってるし、まとまってるし・・・
まとまりすぎな感じですよ。

もう少しストーリーに意外性があればって気が。毒々しい要素があまりない。
中盤の回想を除けば、流れがなんとなく読めてしまう。そんな物足りなさ感じちゃったのな。
と思って調べたら、原作がちゃんとあるみたいだね。
映画化ってことで、いろいろやりやすく脚色したのか。にゃるほどね。

あと、全編を通した恋物語にまったく移入していけない私は、どこかが欠けてしまったのか。と不安になります。
映画に足りないところは原作に書けているんだろうけどな。
でも、テンポ良いし、退屈しない娯楽作。
子供が逃げるとことか、どことなくトレイン・スポッティングっぽかったりして。
退屈しないって、見せ物としてやっぱり大事よね。

そんな僕が一番好きだったシーンは、
ジャマールがクソまみれで「アミなんたらバッチャーン!」って叫ぶとこかな。
サインもらって、クソまみれでイェーイって言ってるとこかわいかった。
あと、サリームの成年期の役者が亀田次男に見えて仕方なかった。


2009.09.28 Monday

LOST前回までは

今さら、LOST。
ブームが落ち着いてるので、続きが借りられてる!とか、全くなくて良い。
伏線が広がりすぎて苛々するけど、やっぱり続き気になるよね。
この「続く」が魅力でもあるんだろう。人は伏線中毒なんだな。
吹き替えのジャックは渋い声だけど、英語だと超声高いのね。
まるで、ベッカム。

今、2ndシーズンの6話。
つくづく、彼女と続きを借りてくるじゃんけんがしたいと妄想してる。
でも、次に恋人が出来る頃、きっとLOSTは観終わっているんだ。残念なっはぁッ。

って流れで、PS.アイラヴユーの話。
普段、恋愛映画はあまり観ないんだけど、これはおもしろそうだったので観た。
日本で言えば、セカチューなんだろ?とか馬鹿にしながら3回泣いちまった。
結婚はおろか、恋人と死に別れたこともないけど、モロに感情移入しやした。
私を愛してくれたあの人はなぜいなくなってしまったの。
幸せとは。やっぱり、誰かに友達に恋人に必要とされることなんだろうか。
でも、人の持つ一番優しい気持ちをやりとりする相手がいるってことは、
人生を豊かにするって意味じゃ、やっぱり事実なんだろう。

この映画の残念なところは、他のDVDなどに収録されてる予告で、見せ過ぎているってとこ。
あれがなければ、展開がもっと気になって観れたと思う。
洒落て見えるのは外国映画だからかもしれないけど、感傷的にまとまってなくて良い作品でした。
舞台でアル・パチーノと共演したことがあると豪語する青年のシーンが一番好き。

2009.09.11 Friday

次回!映画化!

コンビニで「袋別にしますか?」って聞かれ、「全部一緒でいいですよ」って言ったの。
すると、「温かい商品あるので別にしますね!」って言われました。
んじゃ聞くなや。
親切心なんだろうが、俺が一緒でいいって言ってんだから一緒にしてよ。
あと、倉木麻衣のベストの問い合わせに「予約商品ですね!」って言ってた。
もう出とるがな。
「予約ならいいや」と、おじさんは帰ってしまって、あぁー言ってあげれば良かったと後悔した。
あきらかに、店員の人は分かってない様子であしらった感じがしたのね。
たかがバイトでも、商品把握ぐらいのプライド持てよって気がしました。
君は何の仕事をして時給を得ているのだ、と。


ちょっとイライラしちゃったね。話は変わりまして。
いつ発表されたのか分からないのだけど、牙狼がついに映画化されるとのこと。
タイトルは「牙狼-RED REQUIEM-」。
いつかされるだろうなとは思ってたけど、これは楽しみ。
きっと、パチンコでの人気を受けて企画が具体化されたんだな。
まぁそもそも、結局そのためのパチンコ化だったのかもしれないね。
確かに、テレビ版の資金不足は否めなかったからなぁ。
こう言っちゃあれだけど、バレバレの特撮感だけが残念だったもん。
元々、監督は映画で撮りたかったらしいからね。十分な資金の下、存分に作ってほしいと思います。
とりあえず、個人的に一番好きなVS魔戒樹を超えるバトルに期待です。

2009.07.18 Saturday

YOU CAN (NOT) ADVANCE.

時期が時期でネタバレもないかなと思ってたんだけど、まわりで観た人が少なかったので遠慮してました。
ブログを読んでくれてる友人が今日のレイトショーで観に行くと言ってたので、もういいかなと思って感想書きます。

おもしろかったです。とても。
メンズデーで、碇シンジです!って叫ばなくても1000円で観れたんですが、1800円出しても損はない満足感でした。
帰りの車中で、一緒に行った友人が半放心状態でこりゃ重傷だなと思ってたら、家帰って一人になった俺もけっこう重傷だった(笑)。
ドラクエ手につかず。頭の中がエヴァでいっぱい。

とにかく、幕開けの5分がすごかったよ。
昔、部活の先輩に「幕開け5分が勝負だからね」とよく言われたのを思い出しました。
そういう意味じゃ、破の5分は俺の心をがっちり掴みましたね。
マリのような、アスカとはまた違う好戦的なパイロットの登場はかなり新鮮な印象でした。
待ちに待ったアスカ来日も良かったね。噂のツノも違和感なく、使徒がソッコーでフルボッコにされてた。

今回はTVではなかった新設定が多々追加されてて、中学生あたりはたまらないんじゃないか。
って思ってたのは俺だけなんだろうか。
分かりやすい心理移行からのアスカinシンジベッド〜。
料理を始める綾波とアスカ。(包丁を見つめる綾波のカットは笑った)
綾波の食事会提案からのポカポカ発言〜。
「好きってことじゃん」からのアスカ参号機搭乗〜。
アスカから加持さん加持さんってのがなくなってるから、三角関係が露骨に出てますよね。
こういうの大好きだから、思春期に観てたら俺どう思ったんだろう。

そして、問題の参号機のシーンね。ぶったまげたよね。
友人に重傷を負わせたのは正にこのシーンなんですけど、たしかに長年のファンからすればここの攻撃力は高いですよ。
それまでの穏やかなシーンでルカニかけられて、「私笑えるんだ」でバイキルト、初号機エントリープラグ噛みーので会心の一撃。
観てるこっちはひん死ですよ。歌が残酷さを強調してるしさ。
まぁパンフの鶴巻氏のインタビュー読んで納得しましたが、アスカの完全復活を願うばかりです。
予告で眼帯つけてたしね。

最後に、男の戦いね。
いやぁ、ビーストモードかっこよかったよ。がwって感じですが、ああいうのアリだと思う。
エヴァは合体はできないだろうから(笑)、ああいった感じで戦いに派手さが生まれるのは見てて楽しかった。
そんで、綾波の「碇くんがエヴァに乗らないでいいようにする」みたいな台詞ね。
うーあー、愛だ。
初めてエヴァ観て涙出ました。ちょっと感動したな。綾波がどんどん人間っぽくなっていく。
「綾波を返せ」のシンジも良かったぜぇ。ナドレ暴走で頑張れよシンジ。
んで、いいとこ持っていったカヲルくん。意味深発言でどうなることやら。

ディテールが具体的に見れて深みが出たよね。
第3新東京市に人がちゃんといるのが確認できたし。マヤちゃんはニューバランス履いてたし。
ユニゾン、「てっつがくぅ〜」、にんにくラーメン焼豚抜きなどの名シーンがなくなったのは残念でしたが、
別物と考えればそれはそれでしょうがないですね。
怒涛の展開が整理されたところで、もう一回観に行こうと思っています。


2009.07.11 Saturday

ぱくぱく ちゅぎゅ

今年の俺はTシャツ運が良い。
イイナーって思うシャツって、いざ値段見ると破?ってこと多くて買わず終まいが多々あります。
どんな世界も弱肉強食だ。そういうものは、お金持ちが手に入れちゃうんだ。

でも、

アパレル関係にも不況の余波があるんだろうか。6〜7千するシャツなんて、たいてい売れ残りますよね。
それら、SALEで半半額以下になってるやつをタイミング良くいただいてます。
ブランド品じゃなくてもカッチョイイ服はたくさんあるからね。超ラッキー。


話は変わって。崖の上のポニョを観ました。
雰囲気に飲まれないで言うならば、ガッカリしたー。おもしろいシーンはあったけどね。
どうしても、理屈が欲しいんです。それはなんで?が多すぎるっていうか。
なぜこうなのかは考えてくれ感じてくれ的に行き着くのは、もうたくさん。
ファンタジーってとこを大目に見ても、観終わって〈納得〉がしたかった。
子供は楽しく見れるんじゃ?って聞くけど、大人だって楽しく観たいでしょ。
好みの差はあれど、長年のジブリファンは、ハウルに引き続く消化不良は否めないだろうね。俺もそうだし。
けど、ジブリの絵は見てて落ち着くなーチクショウ。やっぱジブリで育ってきたんだなー。
あと、ポニョとソウスケだけは理屈抜きでかわいい。
そんで、久石譲の音楽はいつも良い。「崖の上のポニョ」が名曲であることは間違いない。

2009.06.03 Wednesday

ため息

ついに出ちゃいました。
BECK映画化。
これはないわ。
マジでガッカリした。
なんだよ、ハロルドぉ。
ダメだろー。
完全にイケメンブームの余波じゃないか。
竜介が水嶋って。
あと、なんだろ。
佐藤が平くんか?
桐谷が千葉くんだな。これは間違いない。
こんなん女の子が喜ぶだけじゃん。
大体、コユキの歌声どうすんだよ。
オーディエンスがワッてなるんだよ(笑)?

もう何でもありですね。
そのうち市原あたりでNARUTO映画化だ。
腐ってる。業界全体で引けない状況なんだろうな。

▲top