大宇宙で会いましょう

俺がいない時にこの日記を読まないでくれ Kurt Cobain
ユータの日記はいつでもご自由にどうぞ Yuta

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< 太陽は笑うだろう | TOP |

2012.02.21 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2012.02.21 Tuesday

ドラゴン・タトゥーの女の公開日は俺の誕生日



観てきた。
ちょっと予想外にやられているので感想書いとく。

本筋のネタバレは書きませんけど、
設定には少し触れたりするかもなので未見の方は読まないほうが良いかも。

まぁ、「やられた」「やられている」っていう感じです。
というのも、最高傑作!なんて類の話じゃなくて、そういう映画ってあるよね。
良くも悪くも引きずるっていうか。

たぶん、ゾディアックを観たあたりから
自分はデヴィッド・フィンチャーの映画が好きなんだなって意識し始めたんだけど
ベンジャミン・バトンで肩すかしをくらって、ソーシャルネットワークで若干引き戻して
ドラゴン・タトゥーの女で、これだよ。やっぱり、フィンチャーはサスペンスだよ!って感じです。

一貫して揺るがないのが、細かい道具の設定。湿った映像美。そして、ここぞの選曲。
今作でも、opのツェッペリンだけかなと思ったら、このシーンでこの選曲かw
っていう個人的なサプライズがあって、ニヤニヤしちまった。

憎いんですよ。
写真の配置においても、ダニエル・クレイグの眼鏡も、白で統一されたコテージ内も。
あげくの果てには、猫の毛の色さえ計算されてんじゃないかって思うほど緻密でシャレてる。
原作の設定は調べてないけどね。

そういうところに注目して観てると、この監督は本当にアーティストなんだなと思わざるをえない。
面白い映画を撮る監督はたくさんいるけど、やっぱりフィンチャーは異色だなと。

そして、最大の魅力は何と言っても、リスベットというヒロインの存在。
強くて、スタイリッシュで、メンヘラで、頭が良くて、美人で。
ミカエルに心を開いていく様が何とも愛おしいんだよなぁ。
綾波レイ以来ですよ、こんな気持ちになったのは。



中盤、怪我をしたミカエルとおもむろにセックスを始めるシーンがあるんだけど、
あそこが少し引っかかってる。

ミカエルに仕事を降りさせないための、餌的なセックスだったのか
怯えたミカエルに対して安心を与えるための母性のセックスなのか。
はたまた?単純にこのあたりからミカエルに惹かれてたのか。
ここは原作読めば書いてありそうなんだけど・・、まぁいっか。

そんなこんなでね、観客は恋をしてしまうんですよ。リスベットに。
たぶん、男の人も女の人も。

だから、ラストが近づくにつれて、あぁ見たくない。絶対ああなりそうだから見たくない!
って思いながらも、やっぱりそうなっちゃうんだよなーで、なかなか切なかったよ。
2人目の綾波が死んで、3人目になったあの感じだよ。

でも、観終わった後に三部作って気づいて嬉しくなっちゃった。
全部が映画化ってのは未定みたいだけど、今から続きが楽しみです。
まとめると、Macが欲しくなる。ってことですよ。


2012.02.21 Tuesday

スポンサーサイト


09:18 | - | - | -

コメント

コメントする









▲top